第10回ジュニアバレエぷれコンクール審査員紹介

<審査委員長・実行委員長>

堀  文 雄(NPO法人 町田バレエ育成振興会 理事長)

堀 文雄小林紀子バレエ・シアターにてバレエを始める。スペイン舞踊を加藤よう子氏に師事。

早稲田大学第1政経学部卒業。早稲田大学大学院演劇科修了(ニジンスキー振付1913年「春の祭典」論)。後、パリ留学(‘78~81年)。 M.グリモー、F.マリノフ スキー等に師事、ソルボンヌ大学舞踊科にも学ぶ。帰国後、(財)スターダンサーズ・バレエ団に所属し、1988年退団。舞踊学会会員、日本バレエ協会会員、堀文雄クラシックバレエ・スタジオ代表。2010年町田市より文化芸術功労賞受賞。

町田ジュニアバレエの合同作品の振付として、第1回(2003年)「ワルプルギスの夜」(共同振付)、第2回(2004年)「四季」、第8回(2010年)「不思議の国のアリス」がある。

まちだ全国バレエコンクール実行員長を第1回目(2001年)から現在(2014年第14回)まで 勤める。又、全国ジュニアバレエぷれコンクール実行委員長を第1回(2009年)から現在(2014年 第6回)まで勤める。

<審査委員>  五十音順

今田 真規子 (日本バレエ協会会員 バレエTAMA 事務局)

imada

1973年 東京生まれ 10才より小牧バレエ学園入所バレエを始める。その後、大滝愛子、に師事、カルメン、新世界公演に参加
1954年 東京新聞全国舞踊コンクール創作舞踊の部に、寒水多久茂振付(ガンマー線)甲斐光と共に参加4位入賞。寒水多久茂振付、羅生門より藪の中 鬼太鼓に出演。
1956年 香港映画楊貴妃、新しい企画としてバレエとしてダンス部分に出演、その後舞台公演、テレビなどに出演
1968年 10月今田バレエ研究所 谷戸教室設立
1989,年~1992年、N,アザ−リン、ニコラエフ両氏に師事。日ソバレエ友好協会公演にスタジオとして10年間参加
1994年 TAMAらいふ21公演に参加
1995年 1月バレエ連盟TAMA設立、事務局として参加。TAMAフェスティバルバレエ公演等にスタジオより出演及びスタッフとして参加
1999年 今田バレエ研究所柳沢スタジオ設立。余芳美 バレエ教師クラス受講、及び卒業。
2001年まで10年間全ての公演に多くの出演者を参加させると共にスタッフとして参加
2003年~2004年NBAバレエ団理事として参加。NBAバレエコンクール審査員を務める。
2006年 バレエTAMA名称変更、幹事、事務局として参加
2007年 5月4日 全国ジュニアぷれコンクール審査員として現在に至る
2012年 8月 M.I Ballet Group 主催者として舞台公演発表会等企画立案、現在に至る

上野房子 (舞踊評論家)

ダンス評論家。国際基督教大学教養学部卒業、ニューヨーク大学ダンス学部修士課程修了。アメリカン・ダンス、殊に振付家ジョージ・バランシンとニューヨーク・シティ・バレエをこよなく愛し、共同通信、音楽舞踊新聞、SWAN Magazine ほかに寄稿を続けている。明治大学、明治学院大学、ロシア国立ペルミバレエ学校日本校講師。訳書に「バランシン・テクニック」「インサイド・バレエテクニック」(共に大修館書店)。

田中 祐子(牧阿佐美バレエ団)

yuko_tanaka1989年 ローザンヌ国際バレエコンクールに於いて振付奨励賞受賞。
1990年 牧阿佐美バレヱ団入団。同年、ソビエト文化省の招聘による牧阿佐美バレヱ団ソビエト公演に参加。
1991年 橘バレエ学校を卒業。
1992年 「北斗」の額田役により平成5年度村松賞を受賞。
1994年 「ドン・キホーテ」の主役に抜擢され、詩情溢れるキトリで好評を博す。役柄の内面を鮮やかに表現する瑞々しい感性と雰囲気のある踊りには定評があり、「ドン・キホーテ」の主役に抜擢されダイナミックで完成度の高い舞台を披露。以来、確実なテクニックと豊かな音楽性で「くるみ割り人形」「ロメオとジュリエット」「アルルの女」「ノートルダム・ド・パリ」等の主役を務めている。
1997年9月より1年間、文化庁芸術家在外研修員としてサンフランシスコ・バレエ団に留学。
現在牧阿佐美バレヱ団にて活躍中。ダンス評論家。国際基督教大学教養学部卒業、ニューヨーク大学ダンス学部修士課程修了。アメリカン・ダンス、殊に振付家ジョージ・バランシンとニューヨーク・シティ・バレエをこよなく愛し、共同通信、音楽舞踊新聞、SWAN Magazine ほかに寄稿を続けている。明治大学、明治学院大学、ロシア国立ペルミバレエ学校日本校講師。訳書に「バランシン・テクニック」「インサイド・バレエテクニック」(共に大修館書店)。

永橋あゆみ

1982年、2歳より、母永橋由美のもとでバレエを始める。山本禮子、野村理子に師事。
1999年、谷桃子バレエ団入団。
2001年、Kバレエ カンパニー「ジゼル」全国ツアーに参加し、パ・ド・シス等を踊る。
2002年、「白鳥の湖」全幕にてオデット/オディールを踊り、主役デビュー。

以後、バレエ団の全てのレパートリーにて主役を踊る。「白鳥の湖」(オデット/オディール)、「ジゼル」「ドン・キホーテ」「リゼット」「ラ・バヤデール」「くるみ割り人形」クルベリ版「ロメオとジュリエット」「レ・ミゼラブル」など。また、2004年には、ルーマニア国立バレエ団の招待を受け、「ジゼル」全幕に主演。その他、公益財団法人日本バレエ協会主催ヤングバレエフェスティバル「パキータ」主演(2006)同主催都民芸術フェスティバル「ジゼル」全幕主演(2007・2010年)。

歌手AIのINDEPENDENT WOMANのPVに出演。

2000年、橘秋子奨学金受賞。第14回全日本バレエコンクール シニアの部入賞の1位。
2001年第58回全国舞踊コンクール シニアの部第2位、第14回こうべ全国洋舞コンクール シニアの部第3位、第6回北九州&アジア全国洋舞コンクール シニアの部第4位。
2010年中川鋭之助賞受賞。

平成24年度新進芸術家海外研修員としてドイツ・ドレスデン国立歌劇場(Semperoper Ballet)にて研修し帰国。

日原 永美子(谷桃子バレエ団)

日原永美子プロフィール・写真_R3歳より田中洋子に師事。1990年ロシア・バレエ・インスティテュート東京校高等科終了。ロシア国立モスクワ・バレエ・アカデミーへ留学。1995-97年国立モスクワ音楽劇場バレエ団所属。帰国後1998年~谷桃子バレエ団所属、ソリストとして同団レパートリーで主要な役を踊るほか国内外の様々な振付家の創作作品に出演。 2004年谷桃子バレエ団小ホール公演シリーズにて振付家としての活動開始。以来同団創作公演、日本バレエ協会、舞踊作家協会、全日本舞踊連合主催公演、ドリーム・オブ・ダンサーズ、All Nippon Ballet Gala、ロクシタン・ジャポン社プレスリリース・イベント、世界女子バレー日本大会開会式、 NHKザ・プレミアムなどで振付を手掛ける。
近年ではフルオーケストラによる物語バレエを手掛け『NHKバレエの饗宴2016』にて新作「オセロー」、『フェスタサマーミューザ2017』にて新作「マ・メール・ロワ」を発表している。
バレエスタジオDUOでは後進の育成にも力をいれており、NYグランプリファイナルや全日本バレエコンクールなどの国内外の主要なコンクール創作ソロの振付指導を担当、多くの生徒を上位受賞に導いている。
谷桃子バレエ団理事 振付家/バレエミストレス、洗足学園音楽大学アカデミックアドバイザー、バレエスタジオDUO講師

本多 実男 (公益社団法人日本バレエ協会 理事)

honda_jitsuo1973年  東京シティバレエ団入団。以後「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」「ジゼル」に主演。
1981年  NHK制作、 イタリア放送協会賞、エミ-賞優秀賞受賞作品「月」主演。
1982年  NHKバレエ の夕べ「春の祭典」主演。
1986年  文化庁派遣芸術家在外研修員としてカナダナショナルバレエ団、ロンド ンフェスティバルバ レエ団にて研修。
1987年  現代舞踊協会特別 新人賞受賞。

1988年東京シティバレエ団退団後フリーとして牧 阿佐美バレエ団、スターダンサーズバレエ団、新国立劇場等に出演。サーピーターライト版「コッペリア」コッぺリウス、「くるみ割り人形」ドロッセルマイヤー。 「ロメオとジュリエット」キャピュレット卿、「リ-ズの結婚」「三銃士」「眠りの森の美女」に出演。

1997年、2000年 (社)日本バレエ教会神奈川ブロック公演「くるみ割り人形」振付。

2003年  世田谷バレエ連盟, 日 本バレエ協会「合同バレエの夕べ」の振付。

2005年  橘秋子賞 助演優秀賞受賞。

現在、公益社団法人日本バレエ協会理事、劇団四季、チャコットのバレエ教師。世田谷区上野毛 J.HONDA BALLET 主宰。

Top